働く母の考え事
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
matome.naver.jpをクリックしないという抵抗
NAVERまとめにパクられたらGoogleに通報しよう。盗用・剽窃など著作権侵害への削除申請方法 | sakedrink.info

これを読んで、遅まきながらNAVERの問題点をはっきり意識するに至りました。2ちゃんまとめサイトはくだらなすぎて関係ないって感じだったけど、NAVERは時々「へー」って読むことがありました。けれどその「へー」は、ながらTVと同じで、何も考えずに新聞の見出しだけ読んだのと同じです。手軽に消費しただけで、結局何も残りません。
(このことに関しては、「NAVERまとめ」は思考回路を停止させる - skillnoteのブログ」と同意見です。)

そしてNAVERのまとめには報酬制度があり(知らなかった)、これがPVを稼ぐためのあざといまとめや著作権侵害の温床になっているようです。

この10年で、ウェブ上に文章を流すことへのハードルがものすごく下がりました。その結果、ウェブ上の情報には膨大なノイズが混じるようになりました。
本や新聞の信頼性は、「その道のプロが内容提供し、プロの編集者が校閲し、両者がそれなりの時間をかけて推敲した結果の文章であり、発行元が自らの信用を賭して発している情報である」との推定から生じます。
一方、ウェブ上の情報は誰がいつどのような目的で何を根拠に書いたものかが不明で、読むときには常にそれらの背景を探りながら、情報の取捨選択を行わなければなりません。10年以上前であればウェブ上の「誰か」は「ウェブに文章をUPできる程度のリテラシーがある人」で、「自分の趣味について好きで調べて書いた内容」が「ある程度リテラシーのある人達によってリンクや利用された結果、検索上位に出た」という、いくばくかの保証があったわけですが、現在はそんな背景もありません。
NAVERは言わば、「何も背景知識のない人が、検索で目についた内容をコピペしただけ」のページです。その情報を信頼するに足る要素は、一つもありません(リンク先のページにはあるかもしれないけど)。そんなNAVERをGoogleはなぜ検索上位に表示しつづけるのか謎ですが、このままノイズ発生源であり続けたなら、いずれアルゴリズムが書き換えられて検索にヒットしなくなるかもしれません。
またはNAVER編集長の高い志(参考:ゴミ記事を量産するNaverまとめの編集長、Web媒体の低クオリティを嘆くの巻 - Media Adventurer)によって、NAVER内でノイズを減らす努力がなされるようになる…わけないか。
今後は検索でNAVERがひっかかっても、あえてクリックしないという小さな抵抗を試みようと思います。
一方、私のブログも残念ながら信頼性の高い一次情報を提供する存在とは言えませんが、ウェブ上に氾濫する情報から特定のものにほんのわずか信頼性を与えるミクロな存在の一つではありたいと思っています。個人ブログの存在価値を認める個人ブロガーの一人として。
スポンサーサイト
著作権について簡単なまとめ
文化庁HPより抜粋

【著作権制度の解説】

1)著作物とは?
(1)「思想又は感情」を表現したもの → 単なるデータは×
(2) 思想又は感情を「表現したもの」→ アイデア等は×
(3) 思想又は感情を「創作的」に表現したもの → 模倣は×
(4)「文芸,学術,美術又は音楽の範囲」に属するもの → 工業製品は×
以上の4つをすべて満たすものは、著作権法で保護の対象となる著作物です。

2)著作者とは?
著作物を創作した人です。
会社等が著作者となるのは、以下の5つをすべて満たす場合です。
(1) 企画を立てたのが法人その他の使用者である。
(2) 法人等の業務に従事する者の創作である。(外注物件は×)
(3) 職務上作成された。
(4) 法人名義で公表された。
(5) 契約や就業規則で職員を著作者とする定めがない。

3)著作権はいつからいつまで有効?
創作時点で手続なしに権利が発生し、著作者の死後50年後まで保護されます。

4)著作権の権利の内容は?
・人格権:公表するかどうかを決定する[公表権]、著作者名を付すかどうか決定する[氏名表示権]、内容を意に反して改変されない[同一性保持権]
・財産権:有形的に再製する[複製権]、原作品又は複製物の譲渡により公衆に提供する[譲渡権]、翻訳や変形等翻案する[翻訳件・翻案権]など
(もっと色々細かい項目があります)

5)著作権が制限される「例外的」な場合とは?
・私的利用のための複製(家庭内で仕事以外の目的のために使用する場合)
・引用(ただし正当な範囲内で行われることを条件とする)
・情報解析のための複製(コンピュータ等による解析を目的とする場合)
(もっと色々細かい項目があります)

6)著作物を利用するにはどうすれば?
次の4つの方法があります。
(1) 著作権者から著作物の利用について許諾を受ける。
→ 口頭でも差し支えないが、後から問題が生じないよう、利用の態様・利用の仕方・許諾の範囲・使用量の額と支払い方法を、文書で確認しておくのが望ましい。
(2) 出版権の設定を受ける。
→ 出版社が、他の出版社から別途出版されないよう、著作権者から独占的な出版許諾を得ることができる。[出版権]
(3) 著作権の譲渡を受ける。
→ 全ての譲渡のほか、一部(複製権のみ等)の譲渡や、機関や地域を限定した譲渡等もありうる。
(4) 文化庁長官の裁定を受ける。
中免で、カウルなし、アメリカン・オフ車不可でバイク購入検討
バイク人気は下火だそうで、久々にチェックしてみたら新車のラインナップが非常に寂しい感じになってます。

ホンダ バイクラインアップ
VTR \567,000 Vツインエンジン。白、黒、赤
CB400 SUPER FOUR \719,500 ド定番、大本命。だが高い
CB400F \648,900 デジタル計器onlyになっとった、ビックリ

スズキ 二輪車全製品一覧
GSR250 \438,900 青白、パール、黒、赤
グラディウス400ABS \829,500 Vツイン。黒赤、青白、黒
GSR400 ABS \861,000 黄、白、黒。んー、GSRなら別に250でいい

カワサキ 製品ラインナップ
Z250 \488,000 なんか、男らしいバイク?
ER-4n \629,000 これまた主張するデザイン

ヤマハ スポーツバイク

このほか「単気筒細スポーク車」は人気があるようで各社ともラインナップにありましたが、私はこのクラシックスタイルにどうも馴染めないため除外しました;ホンダCB223S、スズキST250、カワサキ250TRESTRELLA(エストレヤ)、ヤマハSR400
そしたらヤマハは該当なしになっちゃったよ…
カワサキのバイクは男らしすぎて手が出ないので(笑)ホンダかスズキかな。そしてできれば400に乗りたいけど、予算の都合上250狙い。(スクーターじゃ峠越えれないし)
まあいずれにせよ新車は結構高いので、中古車狙いになるかと。
Bike-man
北海道の中古オートバイ情報サイト
GooBike
中古オートバイ情報サイト
BikeBros
中古オートバイ情報サイト
レッドバロン
中古オートバイ販売

陸王がつぶれちゃってたのはショックでした。バイク用品買ったり、転んでパーツ取り寄せたり、よくお世話になってたのになー。
科学系出版社のよみものシリーズ
講談社ブルーバックス
去年は40冊強を刊行。去年のラインナップは東日本大震災、原子力施設、石巻赤十字病院、はやぶさなどの時事もの、村山 斉、海堂 尊など著者ありき企画、他にはPC関係が結構多い。数学・物理から化学・生物・医学まで幅広い。ちなみになんで今更「図解・テレビの仕組み」?

岩波科学ライブラリー
だいたい月に1冊出しているらしく去年も12冊。こちらの時事は元京大総長の地震学者による「日本列島の巨大地震」さすが岩波、格調高い。かけ算の順序も気になるけど、「9+2」に反応する人が一体何人いるのか。コアすぎる。

知りたいサイエンスシリーズ(技術評論社)
去年は11冊。コアな話題をキャッチーなタイトルで本に仕立てると、胡散臭い雰囲気が醸し出されるようだ。

DOJIN選書(化学同人)
去年は7冊。時事「放射能汚染」のほか、全体的に一般向けのタイトル。

科学のとびら(東京化学同人)
06年、10年、11年各1冊、12年3冊。「身のまわりの」「暮しの中の」「歴史の中の」…なんか無理やりな一般向け。

新コロナシリーズ(コロナ社)
06年、10年、11年各1冊ずつ。「温泉」「ネコ」「シンプルライフ」…ん?何シリーズ?

ポピュラーサイエンス(裳華房)
07年4冊、08年2冊、09年2冊、それ以降出ていない。最新(最後)の1冊が「放射線の遺伝影響」というのは、予言?遺言?

テクノライフ選書(オーム社)←シリーズ名"テクノライフ選書"で検索
00年に出た最後の1冊は「デジタル時代の写真術」。むしろ今、読んでみたい。「その後のデジタル写真術」はもうオーム社の守備範囲ではないんだろうなあ。

経済も科学も往時の勢いはなく、これらのシリーズも時代とともに役目を終えて淘汰されていくんでしょうね。ただ、古くても内容の良い本というのは確実にあります。いい著者がいい時に書いたいい本を、大事に読み継いでいきたいです。

#科学系出版社以外では、サイエンス・アイ新書(ソフトバンククリエイティブ)が06年、PHPサイエンス・ワールド新書(PHP研究所)が09年に創刊されています。
地震に関して読んでためになったサイト
被災が軽微な人にもできる「支援」:省エネ/買いだめしすぎない/公共機関で移動/寄付

以下に挙げるものはおもにはてブで知って読んだものです。一部携帯非対応。なお最新のニュースを携帯でチェックするにはYahoo! JAPANモバイルgoo等ポータルサイトや報道各社の携帯サイトを:NHKニュース毎日jp朝日新聞(見出しのみ無料)、読売新聞(見出しのみ無料)

【情報のまとめサイト】
地震とは - はてなキーワード:被災時の行動、最新の情報源、各種伝言サービス、義援金窓口等、有用なリンク多数だが携帯からは読めないサイトが多い
地震マニュアル:持ち物、緊急行動パターン、避難時の注意等、ツイートのまとめ
googleによる災害情報のまとめ:さすがgoogle、地図がすごい
募金情報まとめ :googleによるまとめ。詐欺サイトに送金しないための注意も
原発に関するQ&Aまとめ - 一般社団法人サイエンス・メディア・センター:東京大学理学系研究科の早野龍五教授(@hayano)のツイートをもとにまとめられたもの
災害時における乳幼児避難のあれこれ:ツイートのまとめ。

【震災経験者から】
阪神震災を経験して今思うこと - 54のブログ:こういう知識はもう義務教育で国民全員が共有したらいいとおもう

【デマ流布注意】
東北地方太平洋沖地震、ネット上でのデマまとめ - 荻上式BLOG:「こうした情報に触れたときは、いったん冷静になってみよう」という実際のケースのまとめ
#デマ流布に関しては@yamada_ntさんの言う通りだと思います。以下抜粋:

【デマに流されないで。広めないでください】
もう散々言われていますよね。
東北地方太平洋沖地震、ネット上でのデマまとめ - 荻上式BLOG
正直このデマを広めているのは、多くの人達の「善意」です。
みなさんは良かれと思ってこの情報を拡散させています。一度RTする前に良く情報を観察してみてください。
また、それらの信憑性を自分で検索して調べてみてください。被災地にいるわけではないのなら、それくらいして上げてもバチはあたりません。
確認が取れない情報よりも以下のようなTwitterアカウントを教えて上げたほうが被災者にとって有益かもしれません。
総務省消防庁 (FDMA_JAPAN) on Twitter
NHKニュース (nhk_news) on Twitter
NHK広報局 (NHK_PR) on Twitter(広報なのでちょっと違うことも多い)

災害時、あなたの善意で、人が死ぬ - N-Styles:“「情報をフィルタリングしてあえて流さない」「物を送るのを我慢する」という選択をすることで、救える命があるのです。”

#2011.3.14追記
【計画停電対策】
プレスリリース 2011年|TEPCOニュース|東京電力:詳細をPDFファイルでダウンロードできます
輪番停電の検索サイト、続々登場 - ITmedia:市区町村名を入力して停電予定を検索できるサイトへのリンクあり
■計画停電への備えに関してはこちらこちらが参考になります
TOTO:断水・給水制限・停電時のトイレ使用について:ぜひご一読ください
マイ携帯の歴史
また半年以上放置しちゃいました。
最近携帯を機種変しました。長年「SA」を愛用してきたのですが、撤退により最後の三洋機となってしまいました。
哀悼の意を込めて、これまでに使ってきた携帯を振り返ってみます。

【初代】C410T(東芝製)
2001年5月発売
実売3千円(購入時は型落ちで新規契約1円)
サイズ 41×128×19mm
重量 約78g
液晶 96×128ドット、256色液晶
表示文字数:8字×6行
メモリダイヤル 500件
メール:
受信 200件もしくは117KB、送信 200件もしくは57KB
データフォルダ容量 500KB
解説:画像ファイル等を添付したEメール送受信(添付画像をメールを開くと同時に自動表示する「クイックフォト」)や携帯電話機へのEメール保存、最大全角5,000文字受信が可能など、Eメールの機能を大幅に強化した「EZweb@mail」や、Cメールのチャット機能「おしゃべりモード」に対応したcdmaOne携帯。画面デザインはたむらしげるPashaPa撮影写真やダウンロード画像にスタンプやフレームをつけたり、入力した自作メロディに伴奏をつけられる「メディアアレンジャー」搭載。
※周りがほぼ全員携帯かPHSを持ってる状況となり、遅まきながら新規契約。「夜中にお知らせランプが青くピカピカ」「長文メールをやっと打ち終わる頃にクリアキーをうっかり2回押し全部飛んで終了、呆然」という思い出
岩波新書が本屋にない理由
「本を買おう」と思ったら、都心の巨大書店へ行っていました。子供が生まれるまでは。
最近は、外出したついでに通りすがりの書店に寄ることが多くなりました。そこで気づいたのが「岩波新書が置いてない」…巨大書店では大きな棚をすごい冊数で占拠している岩波新書が、街の本屋には1冊もない。他社の新書はたくさんあるのに。
そこで検索してみました。

【わかったこと】
■岩波書店の本は「買い切り」だからです
岩波書店について

岩波書店の特色
2.「買い切り」制
私達が日常的に利用している店舗(スーパーやコンビニエンスストア)に並んでいる商品は全て、返品ができない「買い切り」のものである。
しかしながら、書店において、書籍は売れなければ(定められた期間を過ぎなければ)返品可能というのが一般的である。たいていの大手出版社は市場に出回る書籍を返品可能としている。
(中略)
その中で岩波書店は、本は全て買い切りである。
(後略)

■だから本屋さんは「めんどくさい」「置きたくない」と言ってます
返品についてあれこれ
■「岩波書店の高正味買い切り」のせいで本屋さんは買い切り嫌いな模様
出版ニュース連載コラム「ブックストリート:書店」第08回
■再販制度(再販売価格維持制度)について、出版社側の言い分
書籍・雑誌の「再販制度」とは?
■再販制度の問題点
著作物再販制に疑問を持つためのサイト
■参考
書店用語基礎知識:ふむふむ、なるほど
返品不能品になり易い商品とは:書店経営の苦労が垣間見えます
書店員検定3級:見事「そこらへんの一般人レベル」と出た
猫対策
においは最終的に、時間が解決してくれました。とげとげマットはいまだ必須です。

【2008年6月23日の記事から】
朝「いってらっしゃ~い」と送り出してしばらく後、玄関から「ネコが△*☆○…」とずな子の声が。なんと子乗せシートに猫がゲロをΣ( ̄□ ̄;)!!アジ系青魚、超生臭い…しかも胃酸のせいか変色して跡がとれない!!マイペット原液かけおき、ゴシゴシ水洗い、エタノールスプレーして乾かしてもまだ臭い(T_T)とりあえず柑橘系消臭スプレーをこってり吹き付けて、晴れた日に再度洗って天日干ししようと思う。
二度と猫を寄せつけたくないので対策をググってみた↓
■最強
ガーデンバリア(超音波を発する機械)を設置
※最も安い機種で7350円
■効果あり報告多数
・とげとげマット(プランターの底に敷くもの)を置く
・アロマオイル(柑橘系orミント系/香水またはトイレの芳香剤も可)をまく
※いずれも百均にて入手可。ダイソーには猫よけシートなる商品あり
■その他の意見
・タバコの吸殻を水に浸した抽出液をまく(わりと効果あり)
・コーヒー豆の粉をまく(わりと効果あり)
・酢をまく(効果あり/なし半々)
・唐辛子またはにんにくを置く(微妙)
■庭の場合
・ヘンルーダ(猫よけハーブ)やミントを栽培する
・とげとげのあるバラを栽培する
■効果なし報告多数
・水入りペットボトル(直射日光下は火事危惧の声もあり)
・市販の忌避剤(まくとその臭いが気持ち悪いとの声多し)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。