働く母の考え事
ロタウイルスに感染
また長いこと放置してしまいました…。
下の子がロタウイルスに感染し、只今3連休中。
過去に調べて書いたノロウイルス・ロタウイルスに関する記事を復習してみました。今回小児科でロタ陽性の判定が出て、はっきりロタとわかったうえで看病しているわけですが、確かに時期的にもそうだし、ウンチは白っぽく、熱が2日ほど出て、言われてみりゃあいかにもロタという感じです。

【2006年12月6日の記事から】
ノロウイルス感染症
(以下大事なところを抜粋)
・日本ではノロウイルスが12月から3月をピークにして全国的に流行している
・潜伏期は1~2日
・ウイルスは症状が消失した後も3~7日間ほど患者の便中に排出される
・ウイルス粒子の感染性を奪うには次亜塩素酸ナトリウムなどで消毒するか、85℃以上で少なくとも1分以上加熱する必要がある
・治療としてはノロウイルスの増殖を抑える薬剤はなく、整腸剤や痛み止めなどの対症療法のみである
ロタウイルス
・生後6ヶ月から2歳の乳幼児に多くみられ、5歳までにほとんどの小児が経験
・米のとぎ汁のような白色の下痢便が特徴
・潜伏期間は約2日で、激しい嘔吐(1日5~6回)、激しい下痢が特徴(3~8日程度で治まる)
ノロとロタの違い
・ロタウイルス感染症は乳幼児(特に1歳児)に多く、年齢が上がるにつれ漸減する(年長児や成人は不顕性感染の形をとる)が、ノロウイルス感染症は乳幼児から学童にかけてみられる
・ノロウイルス感染症は11~12月にかけての初冬に多いが、ロタウイルスは2~4月にかけて流行する
・ロタウイルス感染症では嘔吐・下痢・発熱が三主徴であるが、ノロウイルス感染症では嘔吐と下痢が主症状で発熱の頻度は高くない
スポンサーサイト