働く母の考え事
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マイ携帯の歴史
また半年以上放置しちゃいました。
最近携帯を機種変しました。長年「SA」を愛用してきたのですが、撤退により最後の三洋機となってしまいました。
哀悼の意を込めて、これまでに使ってきた携帯を振り返ってみます。

【初代】C410T(東芝製)
2001年5月発売
実売3千円(購入時は型落ちで新規契約1円)
サイズ 41×128×19mm
重量 約78g
液晶 96×128ドット、256色液晶
表示文字数:8字×6行
メモリダイヤル 500件
メール:
受信 200件もしくは117KB、送信 200件もしくは57KB
データフォルダ容量 500KB
解説:画像ファイル等を添付したEメール送受信(添付画像をメールを開くと同時に自動表示する「クイックフォト」)や携帯電話機へのEメール保存、最大全角5,000文字受信が可能など、Eメールの機能を大幅に強化した「EZweb@mail」や、Cメールのチャット機能「おしゃべりモード」に対応したcdmaOne携帯。画面デザインはたむらしげるPashaPa撮影写真やダウンロード画像にスタンプやフレームをつけたり、入力した自作メロディに伴奏をつけられる「メディアアレンジャー」搭載。
※周りがほぼ全員携帯かPHSを持ってる状況となり、遅まきながら新規契約。「夜中にお知らせランプが青くピカピカ」「長文メールをやっと打ち終わる頃にクリアキーをうっかり2回押し全部飛んで終了、呆然」という思い出
>>続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。