働く母の考え事
ひとりPTA研究部、創部
なんと…
今年、中学校のPTA役員(しかもいきなり学級代表&学年代表)を引き受けてしまいました。
他にやる人が誰もいなかったので。そして今年は学校生活7年目にして初めて、乳児の世話や保育園送迎や年度内の引っ越し予定がなく、さらに自分の都合で有休をとっても大丈夫そうな職場に勤めているので!(でも有休日数は限られてるので、出られる会議・出られない会議を予め決めて、出られないものは他のメンバーにお願いしたりと、ギリギリの参加…)

やり始めてみるとやっぱり、今までモヤモヤしていたようなことが、本当にモヤモヤしてそこにあります(笑)
そしてこれをこのまま来年に引き継いでしまうと、やっぱり私は今後も参加できない立場でいるしかないんじゃないかという気が…
なので、まず今年は、自PTAの実情を調べる(来年はどの係なら引き受けられるのかという視点で)ことをメインに活動してみようと考え、「ひとりPTA研究部」を立ち上げました。
>>続きを読む
スポンサーサイト
気力は無尽蔵ではない
またしても転職しました。
札幌で、元の仕事のキャリアを生かして正社員として勤めるならここしかない、という会社に運良く入って2年弱頑張りましたが、残り20年をそこで頑張り続けることはできませんでした。

すごく、つらかったです。同業他社とはいえ実際の仕事はやったことのないことばかりで負担が重かったこと、経営状態が悪く一つ一つの仕事へのプレッシャーが大きかったこと、仕事が多すぎて今まで味わったことがないほどの間に合わない感に常に追われていたこと、数人しかいない社内に私の悩みを聞くとか仕事のやり方の相談どころか日常会話すらまともに取り合ってくれる人がいなかったこと…
本当に、つらかった。
入社1年半位で、夜眠れなくなったり、通勤途中に涙が流れたり、仕事が手につかなくなったりして、退職を決めました。頑張ればやり遂げられるのかもしれない、我慢や努力が足りないのかもしれないと思っていた時期もありましたが、転職して1カ月経った今はそれは思い上がりなんだと悟りました。あの状況において、私の持っている能力と時間で、誰の協力も同情もなしに、一人であの潰れそうな会社を回復させて維持することは、できませんでした。「頑張る」というエネルギーを、自分は無尽蔵に持っているかのように錯覚していましたが、そうではないことにはっきり気がつくことができました。

しばらく、挫折感でいっぱいでした。地域的に同業他社は他にないし、年齢的にも正社員として入れる最後のチャンスだったかもしれないし、今回の退職は人生最大の挫折だなんて思っていました。
でも、友達に言われて気がつきました。
あれは、始めから無理だったんだと。
気力が無尽蔵ではないことに気づいていなかったから無謀にも挑戦してしまったけれど、実際には体が一つしかないのと同じように気力もある量しかもっていないのだから、頑張ればできたかもしれないという考えは適切ではないのだ、と。
だから、挫折じゃなくて、トライ&エラーの一つってことで。人生のたくさんの試みのうち、偶然うまくいかなかったことの一つです。

計画して、努力して、成し遂げて…というプロセスを放棄するわけではないし、未来への希望を捨てるわけでもありません。ただ、そういう計画通り、願い通りにいくのが当たり前だと、傲慢に構えることはもうしないでしょう。
今ここにこうして生きているのは、計画や願いが実現した部分よりも、人の力の及ばない偶然に支配された結果がほとんどだと思います。偶然の出来事だからこそ心を揺さぶられるし、そういう奇遇に触れたときにこそ、生きてて良かったなって、感じる気がします。

しばらくぼんやりと過ごしてしまいましたが、ようやくだいぶ気力が戻ってきたみたいです。
戻った気力を利用して、私を思いっきり邪険にしやがり一番気力を消耗させてくれた上司の机の写真をupして公開処刑させていただきます。この一枚がすべてを物語っていると思います。