働く母の考え事
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アンチ・スマホ人として一歩踏み出す。
ガラケーを愛用中です。
パケット代は月々上限いっぱいまで使っているのですが、通勤中や会社においてはメールをチェックするくらいの利用で、パケット通信の大半は「家で家事育児の片手間にブラウズ」です。メインのA4ノートPCは、食卓に乗せとくにはちょっと邪魔、バッテリーがもたない、添い寝しながらコソッと見たりできない等「ながら」に不向きで、つい、いつでもどこでもすぐ見られる携帯に手が伸びてしまうのです。
でも、なんでWi-Fi下であえて別料金払ってパケット通信してるんだろう、しかも見づらいし見れないものもたくさんあるし…というモヤモヤがありました。スマホに変えれば家でのブラウジングがとっても快適になりそうなんですが、パケット代が納得いきません。自宅Wi-Fi下での使用がメインなのに、おまけ程度の3G通信代として月々5500円も徴収って、ひどいです。(現状でも4400円は払ってるんですけどね)
それにスマホに変えると、入力めんどくさっ!バッテリー即切れ!の可能性大。ガラケーの軽さ、すなわち物理的軽さに加え片手でパッと入力できる&放置しててもそこそこ電池が持つ気軽さは、手放すには惜しい。
流行りのタブレットPCや下火のネットブックほどガッチリしたものが欲しいわけじゃないし、なんか、ちっちゃくて軽快でほどほどにPC代わりになる機械はないものか?
・・・と、探してみたら、ありました。NECのLifeTouch NOTEです。発売から時間が経ってていい具合に値下がりし、19800円!これを、買って使ってみようと思います。以下、LifeTouch NOTEについて色々調べたことのまとめです。情報鮮度としては今更感があふれてますが、このニッチな商品を私のようなシロウトがどの程度使いこなせるのか自分でも興味津々なので、カテゴリを立てて今後LifeTouch NOTEから更新してみたいと思います。
【NECのサイトより】
■LifeTouch NOTE NA75W/1A 製品情報。『快適なコミュニケーションにこだわったAndroid 2.2搭載スマートブック』
■プレスリリース。『Android搭載のクラウドコミュニケーター「LifeTouch」シリーズにキーボードを装備した個人向けスマートブックを新たに商品化』
■製品カタログ。(PDFファイル)
■開発者インタビュー。
・コンセプトは「快適な文字入力、快適なフルブラウジングができる値ごろ感のある追加端末」
・テキストエディタ「ライフノート」のイメージは「思いついたらすぐ書ける、普通のノートを開いて使う感じ」
・工業デザイン的にこだわった箇所は「ディスプレイを開いて置いたとき装置が倒れない絶妙なバランス」「親指が滑らかにスペースキーを押せるカバー形状」「細かいリンクもタップできるペン」「キーボード装備でマルチタッチは必要性を見直しあえて不採用」
・『この製品のために回線をもう一本確保してもらうのではなく、別の方法で通信手段を確保し、一本化された回線で使ってもらうのが自然な形だと考えたのです。』

【レビュー記事】
■ONLINEデジモノステーションより。特長が簡潔にまとめられている。
■久米さんの憂鬱より。いいところ・悪いところを列挙。
■ITmediaより。評価試作機で機能やパフォーマンスをチェック。
■デジモノに埋もれる日々より。実際にタイプしている動画。
■海外速報部ログより。『「カフェで原稿を書く」という目的に特化して余計な要素を極力廃し、価格をおさえたこのマシン、潔いと思います。』
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。