働く母の考え事
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LifeTouch NOTEにエールを
ネット検索してみると、LifeTouch NOTEのユーザ数はものすごく少ない感じの手応えです。ニッチすぎて売れなかったんでしょうね。
家電好きな同僚に話を振ったら、「ああそれ量販店で見たよ、店員が『それはAndroidが古いんスよ、ほらこっちのタッチパネルのが全然スイスイでしょ』って横の別なの勧めてきた」とのこと。なぜでしょう、単価が安い商品は利幅が小さいから売りたくないんでしょうか。製作側はあえて2.2にしたと言ってるのに。そしてLTNのパネルが少々ニブいのは感圧式だからなのに。
でも使わない機能てんこ盛りの高い製品を当然のように買わせるやり方は、そろそろ限界だと思います。提供される便利さが、欲しい便利さのはるか上をいくようになっちゃいましたから。
だからLifeTouch NOTEの目の付け所は正しいと思います。「らくらくホン」みたいな感じで、「シンプルキーボード端末」に潜在的なニーズは十分あると思います。家事育児しながら食卓の端でダダーッと長文メール打ちたいとか、ダンナのPC借りずに自分用の安いミニ端末ほしいとか。そのためには、もう少し素人にもフレンドリーな設計にしないとね。
LTNの試みがどう生かされるのか(はたまた死亡か)はわかりませんが、無駄と知りつつ作って売る・無駄と知らずに買わされる、以外の選択肢がもっとあったらいいのにと思います。
数年後に「LTNは早すぎたんだな」と評価されていることを祈ります。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。