働く母の考え事
卒園アルバムの作り方(10)フォントについて
特殊なフォントは印刷所で出力できない可能性が高いため、製作にはMicrosoft Office で一般的にインストールされる日本語フォントから選んで使用しました。
一見たくさん種類があるように見えますが、実は同じフォントでピッチが異なるだけのものがいくつもあり、整理してみると実質的には以下の13種類でした。
※フォント名の最初の「HG」はhigh gradeの略(たいして意味なし)
※その次のP/Sは文字幅の種類 → Pはプロポーショナル(文字によって横幅が異なる)、無印は等幅(固定ピッチすなわちどの文字も同じ横幅)。SはPの亜型で、Pは半角英数字とかながプロポーショナルだが、Sは半角文字のみがプロポーショナル。
※基本的にP系フォントを使用し、詰まりすぎに感じたら適宜字間を空ける。

■太字(ゴシック系)
font1.jpg
創英角ゴシックUB:見やすい極太字
創英角ポップ体:丸っこい極太字
創英プレゼンスEB:個性的な太字
ゴシックE:スタンダードな形の太字

■太字(ボールド系)
font2.jpg
明朝E:見やすい明朝の太字
行書体:筆書き風の太字

■中太(ゴシック系)
font3.jpg
ゴシックM:ゴシックEの中太版
丸ゴシックM-PRO:見やすい中太丸文字
MSゴシック:スタンダードな中太ゴシック

■中太(明朝系)
font4.jpg
明朝B:明朝Eの中太版
正楷書体-PRO:筆書き風の文字

■細字
font5.jpg
教科書体:上品な明朝の文字
MS明朝:スタンダードな明朝

あまりいろんなフォントを使うとゴチャゴチャした印象になってしまうので、
「見出し用の太字」「写真説明用の中太文字」「長めの文章用の細字」
の3種類を、似た系統のフォントで選んで使うとスッキリすると思います。
私は「創英角ポップ体」と「丸ゴシックM-PRO」を使いました。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック