働く母の考え事
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
札幌Uターン時の資料(2)引っ越し屋さん
さて引っ越し先が決まり、次は引っ越し屋さんの手配です。
王道の「ネット一括見積」を、HOME’Sの引越し見積もりから依頼しました。すると翌朝早速、次々と電話が…そう、各社の営業さんからです。最速はアリさんの7時半!戦略としては正しいかもしれないけど、なんか、同じ会社員として切ないものが…。正直ちょっと引いた。
その中で聞いたことのない引っ越し屋から連絡がきました。「引越のプロロ」です。
ここに見積もりを出してもらったら、とある別の引っ越し屋が「札幌行で相見積にプロロさんが入ってるんじゃ、うちは勝てません」と引き下がり、実際に値段が出ていた数社のうちプロロが最安値の25万円でした。札幌に帰るのだから札幌地元の会社にお願いしたいという気持ちもあり、プロロさんに決めました。
発注後、すぐにダンボール大小100個・ガムテープ約10巻・プチプチのでっかい1ロールが送られてきて、普段使わない物から荷造りを始めました。封をしたら内容記入欄に中身を書いて、その欄をデジカメで撮影。後でカメラを見ながら、荷物一覧表に箱番号とその内容を記入すると楽なんです。引っ越し終了後に「アレどこだっけ」となったときも役立ちました。
引っ越し当日、朝一でプロロのスタッフが来ました。チーフは、長髪を結わき無精ヒゲを生やしたちょっと怖そうなお兄さん。いきなり「お客様」とヒンヤリした声音で呼ばれ「こちらは持って行かれますか置いて行かれますか」…うっ…「そ、それは持って行きます今箱に入れます」「すぐお願いします(温度ゼロ)」(-_-;) 本来、ダンボールに入るものはすべて入れ、ゴミはゴミだけでまとめておかねばならなかったのです。業者で引っ越すの初めてだから甘く見てた。
しょっぱなから活を入れられ、ビシバシ仕訳されて、あっという間に積み込み終了。スタッフにテキパキ指示して手際よく仕事を進めたこのお兄さん、怖いけど、デキる…!
清算し、お礼を言って、わずかながら心付けをお渡しして終了。「あなたのお仕事ぶり、尊敬しました。心の中で"鬼軍曹"って呼んでました」と、賛辞を贈りました。
引っ越し中にも
・軍手
・ハサミとカッター
・ガムテープとひも
・マジックペン
・ドライバー
・ゴミ袋とビニール袋(ネジや部品等、最後に外した細かい物をまとめる)
・雑巾と掃除機
・ティッシュとハンカチ
は、カゴに入れて目立つ所にまとめておくと良いと思いました。
結局、品目リストは No.140 までいきました。自分達の荷造りでできたダンボールが90箱で、残りは当日慌てて詰めた10箱位と、ハンガーボックスや照明や家具等プロロさんが用意して詰めたダンボール約20箱と、箱に入らず直接運んだ大型家具家電や布団等です。5人家族としては少ない方だと思われます。
引っ越しに伴う手続き等はまた別にまとめます。
というわけでこのエントリは、プロロの鬼軍曹、T宮さんへの感謝を込めて記しました。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。