働く母の考え事
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
下り坂を感じる
四十路の心身が、実はけっこう重たいものなんだと、最近気がつきました。同じように働き、同じように食べ、同じように寝ているつもりなのに、以前に比べなんだか気力が落ちているし疲れが増している。頭の働きや記憶力も前の方が良かった気がする。そうか、これが「老い」というものか。
かくして何の疑問もなく若さを享受していた時期が終わってしまうと、当たり前だと思って万全の心と体を駆使していた過去の自分に対し、ちょっと呆れるというか、戻ってこの未来を知らせたいような、いや知らせたくないような、苦い思いが湧いてきます。こうして劣化を自覚している間は、居心地の悪い思いをしなければならないのでしょう。でもたぶん、ある程度劣化が進むとその状態でしばらく定常化するでしょうから、そこまでいけばまた新しい心身状態に慣れて、それが当たり前になる、その繰返しではないかと。衰えた体が衰えた心に慣れるのか、その逆かはたまた両方か、よくわかりませんが「これが私なんだ」と納得できればそれが当たり前の日常になるのでしょう。

前のエントリ以来、遺言のことを考えています。このブログは赤ん坊の観察日記として始めましたが、そんな毎日成長があってずっと上り坂なテーマは一生において例外的なものだと思います。人生には常に山坂があり、むしろ下り坂の方が、向き合う時間は長いはず。
これまでに見た闘病ブログや遺言エントリには、苦悩と向き合って導き出したその人なりの答えがにじんでいました。後に続いて下る私にとってすごく重要なヒントだと受け止めました。

旦那さんを亡くした友達は、その胸の内を「これまでの人生で感じたことのない感情」と言いました。それは私にはうかがい知ることができませんが、そういう感情があるということを教えてもらって、ありがたいと思いました。そして私自身も、いろんな些細な「人生初の感情」を感じながら、まだ、生きています。昨日の私と今日の私と明日の私は少しずつ違っていて、私の今日が今ここにあることを、こうして書いて確認している最中です。

…やっぱり、遺言は本当にそのときを悟ってから書くことにして、ここには私の「人生初」の足跡を残していくことにしよう。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。