働く母の考え事
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水ぼうそうについて
水ぼうそうは緊急ワクチン接種を経て、まだ発症したことはありません。

【2006年3月14日の記事から】
水ぼうそう予習
■潜伏期13~17日、感染期間は発疹の出る1~2日前からすべての発疹が痂皮(かさぶた)化するまで
■37~38℃台の熱が2~4日続く(1/4は発熱なし)
■発疹は極めて進行が速く全身・口の中にもでき、紅斑→丘疹→水疱→痂皮の経過をたどる(赤いポツポツがだんだん水ぶくれになり最後はかさぶた)
■帯状疱疹と同じウイルスが原因で、一度かかると体内に潜伏(つまりほとんどの大人がウイルス保有)、帯状疱疹の人からうつることも
■発症からすべての発疹が痂皮化するまで1週間ほど登園停止
スポンサーサイト
コメント
コメント
逆もあって、子供の水ぼうそうがきっかけで、そばの大人が帯状疱疹になることも。
私は徹夜3日くらい続いて免疫力の落ちてるとき、姪の水ぼうそうが引き金で帯状疱疹になりました。
2006/03/15(水) 14:30:59 | URL | くめえもん #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。