働く母の考え事
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぐるぐるから脱出するための文章化
とある先生との雑談中、「ウェブ上に日々のあれこれを書き残すのって、その時点で感じた刹那の記録でしかないから、結局あとで見ても何のためにもならないと思うんだよね~(だから自分はやらない)」てなことを仰っていたのを聞いて、あっ、わかる。と妙に腑に落ちました。
長らくウェブ日記をやり、SNSにも首を突っ込み、ソーシャルブックマークもやって、自分の経験や都度考えたことが文字データとして手軽に大量に残せちゃってるんだけどこれってこの先どう処理したもんか、これ以上ただただデータを積み重ねるべきではないんじゃないか…とモヤモヤ考えていたので、「刹那の記録は役には立たない」というお墨付きが得られてスッキリしました(笑)
結局、大量のデータから今後も参照価値のある考察結果のみ抽出してまとめる作業を行わなければ、記録そのものには意味がないというか、脳内の記憶同様だんだん思い出されることもなくなり最初からなかったのと同じになっちゃうんですよね。

こういうウェブ上のツールを持たなかった頃の自分に比べると、今の自分は「心の声」が増えたな…と思います。ゲスな言い方をすれば「ブログにこう書いてやろう」的な実況報告する声です。実際に書くことはないとしても、経験や思考をつねに明確に文章化する癖がついたというか。
この習慣は、自分ではすごく良いことだと思っています。文章化によって、頭や心の中の何だかわからないモヤモヤしたものを、ある程度分析分解して制御できるからです。頭の分析で経験を次に活かしやすくなり、心の分析は精神衛生上良く、余裕ができて他人にも優しくなれます。
年の功で立派に図太いオバチャンになってきてはいるものの、やっぱりモヤモヤすることはあります。それでも「あ、このモヤモヤ前にも経験したな」と思い出してスマートに対処できれば、短時間で吹っ切れて機嫌よく生きられると思います。

このブログは、そういう風に記憶をたぐって、そのときどうやってぐるぐる思考から脱出したかを思い出すための補助記憶装置という位置づけにしたいと思います。

だいたいのことを2周3周と経験した今、ある程度の定型的出来事には自分の中でレッテル貼りをしちゃっていいんじゃないかなと。全部の出来事にこまやかに心を砕くんじゃなくて、もうこの手の出来事は個人的には捨てちゃおう。と思えるものには、名前をつけて決まった箱に放り込んでおしまいにしよう。
その、箱の一覧を、ここに構築できたらなって思ってます。
更新のための更新201604
再び、東京時代と同じく年度末が忙しい年間サイクルに戻りました。
だけどこっちの忙しさは向こうの比じゃなかった…。要するに、1冊作って5000部売るという商売ができない代わりに、同じ期間で1000部の本を5冊作っているわけです。もう、こだわりをガンガン捨ててとにかく完成させるしかない。5000部の本とおんなじ作り方してたら、死ぬから(汗)
今はダンナが保育園送迎担当なので、退社のタイムリミットはないと言えばないのですが、家族の食事は私が提供したい、毎日作って出来立てを提供したいというこだわりがあり、やっぱり基本的には定時で帰っています。溢れた仕事は、持ち帰って早朝やるか(夜は私が起きていると子供達も寝てくれない)、平日深夜まで残業するか(どうせ残ったなら最大限やっとけという根性)、土日に出社するか(ここでは既に合鍵をもらってるので出入り自由なのがありがたい)という感じです。家で仕事をしても残業代はつかないし、深夜や休日の残業は割増になるし管理者からクレームがつきそうなのでタイムカードを切らなかったりして、完全に持ち出し状態…。
それでも、今の私にとってはこのバランスで家のことと会社のことを両立させるのが最も快適だと感じています。両方で、それなりに、自分が役に立っていると感じることができています。
仕事も家事育児もぜんぜん完璧じゃないし、毎日疲れてるし、ストレスだってあるけど、それでも今の生活はこの先も続けていけると思える毎日です。なんか、たぶん、大丈夫だろうなって思います。
とにかく、会社が潰れさえしなければね(汗)←冗談ではない
「だったらいいな」と「であるはず」
子供を育てていると、「思い通りにならないこと」について考えさせられる場面が多くあります。
親が子供を自分の思い通りに動かしたり、思い通りに育てたりすることができない、というのもありますが、今から述べるのは、それよりも子供自身が想像の世界と現実の世界とのズレに戸惑う場面についての話です。
1年・3年・12年の節目
明日から11月。
家を買って1年、札幌に戻って3年、お母さん(プレ状態含む)になって12年が経ちました。なぜかみんな10月末のイベントで。
不惑の新入社員
結局、募集はないけど外注なら、と言われていた企業にたまたま欠員が出て、試験を受けたら採用されてしまいました。こんなこともあるんだなぁ…。
今度は完全にキャリア転職なので、前の二社で味わった「役に立てない」「自分の個性では場を最適化できない」という致命的苦悩はありません。ただ、時代背景もあり会社の経営は厳しく、社員数も少ないので、元いた会社よりずっと責任が重いことを覚悟して働かなければなりません。でも、本望です。たぶん最初から直接ここにUターンしていたら、こんな覚悟は持てなかったと思います。
年増の新入社員を温かく迎え入れてくれて、ご恩に報いたい気持ちでいっぱいです。今回は十数年の実績がある仕事だし、回り道して悟りを得た面もあるし、きっと役に立てると思っています。ここでも早速言われました、「ずなさんが来てくれて良かったです!明るい風が吹き込んだというか…」聞いた瞬間吹き出しました(笑)毎度ありぃ。
でもそれだけじゃ続かないってことも、もうわかっています。今度こそ、自分がいない状態の方がこの場は最適だと思ってしまわないよう、
1)求められていることを正しく理解する努力を続け、
2)流れを変えようと思ったときこそ焦らずじっくり、
関係を大事に育んでいこうと思います。
 
そんなわけで一時は路線変更も頭をよぎりましたが、やっぱり今まで通り働く母の葛藤を背負い続けることになったのでした。まあ、それを強く望んでいたからこその今なのですが。
 
四十を過ぎて、不惑とは何に惑わないのだろうかと考えていて、最近ふと思うのは「自分の力が及ぶ範囲を悟った」ことで迷いが減ったかな…ということ。若い頃は、自分が何にでもなれる、どこへでも行ける、何でも手に入れられるというような、未来へのやみくもな期待がありました。それは裏を返せば、期待外れの現実が訪れるたびストレスを感じ、期待が自分への重圧になっていました。
今は、進む先にそんなに枝分かれは見えませんし、着飾っても知ったかぶりしても等身大の自分をわかりすぎていて、夢を見られません。出会った人みんなを幸せにできるとも思わないし、全員に好いてもらえるとも思いません。
でも、だからこそ、迷いがなくなってきました。無限の未来や無限の時間を手放して不自由を得たことで、ささやかな幸せでも鮮やかに感じられるようになりました。
これからもいろんなことが起こるんでしょうが、それらのたくさんの出来事のどこを・なにを押さえたらいいか、何となくわかった気がします。
いつか振り返るときのために、折り返し地点のレポートとしてのエントリです。
就職活動開始
年明けからネットハロワをウォッチしていましたが、ピンとくる求人もないし面接行くにも有休残り1.5日しかないし…とグズグズするうちに一月が経ち、あれこれ考えた末、まずは札幌で唯一自分のスキルをいかせそうな会社に押しかけ女房してみようと決心して、履歴書と職務経歴書に手紙を添えて送ってみました。しばらく待って電話したところ、今は常勤の募集はないけど外注なら出してるから受けてみますか?とのお話をいただき、来週その打ち合わせに行く予定になっています。
ただ、それだけではとても食べていけないので、やっぱりどこかには就職しなければなりません。ということでついに3月に入りお尻に火がついて、今4件の応募をして連絡待ちの状況です。
ずな子にっき最後の投稿
ずな子が10歳になりました。私のウェブ日記歴は12年を超えました。
ブログにずな子のことを書くことは、もう、ないと思います。彼女はとっくに、自分の人生を自分で記憶し記録していける一人の別個の人格なので。活発でミーハーで若干ワガママな元気女子に成長しています。私や夫の子供の頃と、不思議なくらい全然タイプが違います。なので余計に、彼女が一人の別の人間なのだと強く意識させられています。
小さなずな子を毎日お世話しながら、ブログにはなるべく客観的な事実を記録する姿勢で投稿していたせいか、私は母親としては同情や愛着が足りないような気がします。元々執着のない(悪く言えば薄情な)タチではありましたが、もっと毎日の感情に重きを置いて記録していれば違う結果だったのかなと思うところもあります。
ただ、ブログのおかげで、ずな子の育児は私にとってオープンな明るい記憶として残りました。お見せするに値すると思える楽しい話題を毎日探し続けたからです。それができたのもここを覗きに来てくださっていた方々のおかげと、深く感謝しています。
“ずな子にっき”はこれにて完全終了といたします。既に実質終了してはいたけど、節目にあたり宣言して区切りをつけたいと思います。

私自身の記録としての“ずなにっき”はまだまだ続くけどね。
パンダのクッキーの作り方メモ
pandacookies.jpg

パンダクッキーセット」を買って、娘と作ってみました。日頃お菓子作りはあまりしないのですが、こういう工作っぽい作業は好きです。ただしお菓子の素人にはいくつかコツが必要でしたので、気づいたことをまとめておきます。

【材料】
無塩バター60g
砂糖60g
溶き卵1/2個
白生地用:薄力粉80g
黒生地用:薄力粉75g+ココア5g

1)室温に戻したバターを泡立て器でよく練り、砂糖を数回に分けて加えて混ぜ、さらに溶き卵を少しずつ加えて混ぜる
2)これを半分に分け、それぞれに白粉or黒粉をふるい入れてゴムべらで混ぜ、白生地と黒生地を作る
3)ラップに包んで冷蔵庫で30分寝かせる
4)オーブンを170℃に予熱する
5)黒生地を3mmほどに延ばして黒枠で抜く
#黒生地だけ先に1回焼く分全部抜いて、次に白生地、と進めると効率的
#2枚重ねるので、薄めにしないと焼けにくい

6)白生地を3mmほどに延ばして顔スタンプを押し、白輪郭で抜き、黒生地に乗せる
#なるべく型につけたまま持ち上げて乗せたい(けど難しい)
#目はムリに抜かず、黒生地に乗せてから爪楊枝で抜いてもOK
#生地がぬるくなってベタついてくると型抜きが難しくなる⇒冷凍庫で冷やして固くし、はがれやすいようにラップの上で生地を延ばして作業するとよい

7)170℃のオーブンで10~12分焼く
#我が家では12分で焼き足りず3分追加。結果、日焼けパンダが完成

ココアたっぷりなので、甘さ控えめのほろ苦クッキーでした。
#ちなみに抱っこパンダは白型が左右反対という設計ミス有(生地を裏返して乗せる必要あり)
2010年度生まれ著名人のお子様一覧
だいーぶ今更なんですが、3人目だけやらないのもなんですので。
我が家の第三子と同級生になる、
2010年4月~2011年3月生まれの子 の一覧です。
我が家の第一子と同級生の2004年4月~2005年3月生まれの子 については
こちら、第二子と同級生の2008年4月~2009年3月生まれの子 についてはこちらをご覧ください。
人生全部を要約すると常に「いろいろあった。」(清水義範)
Uターンして職住近接の環境になり、昼休みは毎日帰宅しています。たまたまテレビをつけたら、いま話題の林先生が出てきて浦島太郎を20文字で要約せよと言うので、一体どうまとめるのか気になって見ちゃいました。模範解答は

「異境の姫との約束を破って急に老いた男の話」

…え、亀も海底の城もカット!?と、びっくりしたけど、亀はお使いで脇役だし竜宮城も短縮翻訳すれば異境、話の核心は約束と急な老化。さすがの模範解答です。逆に、これまで私が抱いていた海とか亀といったイメージはどうでもいい部分の抽出でしかなかったということに、再度びっくりしました。

考えてみるとブログの効能もこれと同じかもしれません。毎日投稿していた頃は、いろんなことがあった一日を限られた字数でどう切り取ろうかと、推敲を重ねて全角250文字に凝縮していました。そうしてできた要約は、ぼんやりした記憶から明確な気づきや経験の核心を抽出しています。そんな「記憶の見出し」があったからこそフィードバックが得られ、そのおかげで今の私があると思うのです。
経験のすべてを記憶することはできません。だから同じ一日を過ごしても、そのうちのどの部分に着目するかで、得られるものが違ってきます。他人に対しても同様に、その人のどの面に着目するかで、コミュニケーションが変わってきます。
これから何を経験するかは自由に選べないけれど、結果をどう要約するかは自由です。生きていて幸せを感じられるかどうかは、もしかして要約力にかかっているんじゃないかと、ふと思った昼下がりでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。